メインイメージ

制服を貰う方法

幼稚園の制服を貰う方法について

幼さがまだまだ抜けない愛らしい幼児期に迎える幼稚園への入園は、初めて社会生活をスタートさせるため、親にとっても子供にとっても期待と不安の入り混じったものです。まずは入園が決まると、親が子供にしてあげられることは、制服や入園グッズを取りそろえてあげることです。特に制服は、幼稚園側から採寸日を指定され、決められた制服業者で購入することが多く、その価格は決して安いものではありません。そして、幼児期の成長著しい時期に幼稚園生活を迎えることから、大きめを購入するものの、再度途中で買い替えが必要になる場合もあります。

また、高いお金を払って購入するからといって、園生活の間、きれいに着用してくれる、という可能性は極めて少ないといえます。活動が活発になっていく時期ですから、水濡れを筆頭に泥汚れや食べこぼしなど、衣類を汚すことが当たり前だからです。ですから、サイズが合わなくなった、洗濯が間に合わない、思った以上に汚れてしまったり衣類を傷めてしまった、などの理由により、再度制服を一セット揃える必要がでてくることがあるのです。その場合、また新しいものを購入するのは、高価な制服だけにもったいないものです。ですから、できれば次は、貰うことをお勧めします。

貰うといっても、どうすれば貰えるのでしょうか。まずは幼稚園に通っているのですから、保護者のお友達を作ることが貰うための早道です。いわゆるママ友さんをたくさん作ればよいわけです。入園したばかりのお母さん同士ではどうにもならないように思えるかもしれませんが、実は上にもお子さんがいて、その上のお子さんとの交友関係のなかでママ友さんがおられる可能性があります。もうすぐ卒園する、またはすでに卒園したお子さんがいる場合、譲ってもいいと思っておられる制服があるかもしれません。ママ友さんがいない、という方は、幼稚園に相談して紹介、または打診をしてもらうのも一つの方法です。

知ってるママ友さんに貰うのは抵抗がある、という方もおられるかもしれません。その場合、地域の情報誌、インターネット内にあるその地域の情報サイトなどで、『譲ってください』と広告を掲載してみるのもよいでしょう。年末や入園前の春休みなど、時期を選べばうまく貰うことができるかもしれません。このように、子供が気持ちよく園生活をおくれるように、制服をきちんと揃えて、動きやすいようなサイズに調整したりしながら着てもらいたいものです。洗い替えやサイズの違うものを何着か手元において、よりよい園生活のためにつかってもらいたいものです。

Copyright© 2015幼稚園制服をアレンジして可愛く着飾る All Rights Reserved.