メインイメージ

入園式と制服

幼稚園の入園式と制服について!

幼稚園への入園は、子どもにとってはもちろん保護者にとっても大きな節目です。ここでは、入園式の装いについて知っておくとよい情報を述べます。まず、幼稚園の入園式には指定の制服を着用するケースと服装が自由なケースがあります。服装に指定がない場合は、フォーマルウェアを着用します。子ども用のフォーマルウェアは、卒園式が執り行われる3月ごろから衣料品店などで数多く販売されています。そこで、早めの購入がポイントになります。その理由は、需要のあるサイズやデザインのフォーマルウェアは比較的早く売り切れるゆえです。

以上の点から、子どものフォーマルウェアは3月ごろから購入しておく方法も有用です。そうすれば、在庫切れで希望の商品を買い損ねる心配がありません。さらに、入園式当日に着用する日までに服が子どもの体格に合っているか確かめる必要があります。ジャケットの袖丈やボトムの裾の長さが適切でないと、だらしない印象になります。幼稚園の入園式では、門の前やクラスメートたちと記念写真を撮ります。そのときにサイズ感が合わない制服やフォーマルウェアを身に着けると、だらしないイメージに見えがちです。ゆえに、親が自前に丈や長さを確認しておきます。

そこで、制服やフォーマルウェアの袖を折ったり丈を詰めるなどの調整が求められます。幼稚園の制服は、既製品のフォーマルウェアよりサイズ展開が多くはない状況です。自分で直すことができない際は、仕立て屋などに依頼して対応します。その際は、仕上がりに数日を要します。よって、日にちに余裕を持って発注するように気をつけます。幼稚園の入園式は、保護者と共に参加します。よって、父親と母親の服装も重要になります。それぞれの着こなしに共通点を持たせるようにすると、まとまり感を醸し出すことができます。共通点とは、同じ色やアイテムを身に着けることです。

仮に、制服にチェック柄やイメージカラーが入っているとします。そのときには、同行の保護者も同じような色やアイテムをコーディネートに取り入れます。たとえば、父親が制服の柄や色と似たようなネクタイを締めることや、母親のスカーフなどに採り入れるなどです。そうすると、統一感が出るとともにおしゃれな感じに仕上がります。加えて、幼稚園の入園式の装いにおいて保護者が気を付けるべき点を紹介します。父親においては、シワのないワイシャツとプレスの利いたスーツの着用です。母親は、派手すぎずほどよい華やかさのスーツを着用することです。

Copyright© 2015幼稚園制服をアレンジして可愛く着飾る All Rights Reserved.