メインイメージ

制服を喪服がわりに

幼稚園の制服を喪服がわりに活用すること

幼稚園児の年代の子供には、大人のような喪服は通常市販されておりません。たまたま黒のシンプルな上下、を持っていることはあるかもしれませんが、それは珍しい話です。子供を連れてお葬式に参列する場合、幼稚園の制服を着用することで代用すればよいでしょう。しかし、それも大人のマナーと同じような感覚は失わずにいる必要があります。制服を着用しているからといって、何でもよいわけではありません。派手なデザインや柄ものの制服であった場合は、いくら幼稚園のものといえども喪服として着せることは適さない、と考えるべきです。つまり、大人と同じような最低限のルールは存在する、ということです。

まず、白のシャツやブラウスに紺のスカートやズボン、などは問題ありません。それがワイン色であったり茶色であっても、無地であり、決して派手ではなくオーソドックスなものであり、一目で制服と分かるものであれば、特に問題はありません。ただ、靴下をキャラクターものや派手な色のものにしたり、髪の毛に派手な飾りをつけるようなことはやめるべきです。デザインについても考慮すべきです。上着として制服のジャケット、ブレザーならよいのですが、ジャンパーやフード付きのものなどは喪服としてはカジュアルすぎてやめたほうがよいのです。

喪服だからといって、いつも着せたがないような窮屈な洋服を着せてしまうと、子供をぐずらせる原因となってしまいます。特にじっとしていることが苦手な幼稚園児にとって、神妙な雰囲気のお葬式は退屈なものですし、楽しいものではありません。そのうえ、着なれない服を着せていては、余計に疲れさせてしまいます。ですから、日頃着なれている制服を喪服がわりに着せて、ある程度はフォーマルに見えるようにして対応することがお勧めです。靴も履きなれた通園靴か可能であればフォーマルな靴、それがないのであれば、派手ではない無地の運動靴でもよいです。

幼稚園児の制服を喪服と考えて着せる場合、入園式や卒園式を想定してブレザーやリボン、ネクタイなどもつけていけばよいのです。靴下は白のものを履かせ、大切なお式に参列することくらいは子供にきちんと伝えておくことも大事です。途中で退屈することは間違いないので、静かに時間を稼げるようなおもちゃなどを持っていきます。その際、音がでるものは式の邪魔になりますから、静かに遊べるものにするべきです。幼稚園児を連れてのお葬式の参列は大変です。まずは式の邪魔にならないように、あまり無理せず無理させず、気持ちのうえで配慮していることがわかればよいのです。

Copyright© 2015幼稚園制服をアレンジして可愛く着飾る All Rights Reserved.